アクセーヌの化粧水の効果と口コミ

アクセーヌのADコントロールローション

アクセーヌ(Acseine)はアレルギー化粧品が問題となり始めた1970年代に、アレルゲン(かぶれの原因物質)を取り除くための皮膚炎再発防止機構(ACS=Allergen Control System)理論に基づいた化粧品が開発されたことに由来するブランドです。低刺激でアレルギーを引き起こしにくいということだけでなく、化粧品としての効果を伴うためのブランドとして、大学病院皮膚科専門医と共同研究がおこなわれています。

ADコントロール ローションは清潔さと保湿(安全性と機能性)を両立したシリーズの化粧水として1995年に発売されました。国産ブランドであり、低刺激でもあり、長年の販売実績があることから、@コスメでも2,800件ほどの口コミが集まるほど人気のロングセラー化粧水です。

アクセーヌの化粧水の特徴

保湿効果の高い敏感肌用化粧水。乾燥した肌のモイスチャーバランスをすこやかに整えます。界面活性剤・パラベン・アルコール不使用・低刺激性・無香料・無着色なので敏感肌の人でも使いやすいコスメです。

アクセーヌの化粧水の効果と口コミ

  • 仕事が忙しい日々が続いて肌が荒れ放題だった時期に、流石にどうにかしなければいけないと思いアクセーヌのADコントロールローションを使い始めました。久しぶりにまともな化粧水を使った瞬間、肌がごくごくと水を飲むように潤っていくのを感じました。荒れていた肌も徐々に回復しました。時間があればローションパックもおすすめです。
  • 脂漏性皮膚炎を繰り返しており、何とか自分の肌に合った化粧水を見つけたくて、藁にも縋る気持ちでアクセーヌにたどり着きました。一見さっぱりとした化粧水ですが、実際に肌にのせてみるとヌルヌルとした質感です。オイルフリーなのでベタベタはしません。コットンでつけるよりも、手で2度つけするほうが優しいと言われました。最初は肌の表面を濡らすように、2回目でじっくりと浸透させます。刺激もなく、痒みも出ず良い状態です。1週間ぐらいで薬なしで炎症がおさまりました。
  • 肌に非常に優しく、水のように癖のない使いやすい化粧水です。潤い感はいまいちですが、刺激がなく使えるので、最低限の保湿効果を得たい人にはおすすめです。ただ成分をみるとほとんど水に近いシンプルな化粧水なので、そう考えると割高に感じます。配分さえうまく調節できれば素人でも自作できるでしょうね。
  • アトピー肌でアクセーヌのカウンターに行ったらサンプルをもらい、調子が良かったので現品を購入しました。微かにとろみがあるテクスチャーで、心地よく浸透する化粧水です。ただ保湿効果やアンチエイジング効果を実感できなかったので、普通の商品では肌が荒れてしまう敏感肌におすすめの化粧水です。
  • 初めてアトピーになった時に1年ほどアクセーヌのADコントロールローションを使いました。アトピー肌にも刺激が少なくて使いやすかったのですが、化粧水としての潤い感はほとんどありませんでした。成分はどんなもんかと見たら「水/グリセリン/BG/クエン酸/クエン酸Na/フェノキシエタノール」だけ…これはほぼ水です(笑)。それで3,500円は非常に高いですね。結局自分でアロマ化粧水を作って使っています。自作が面倒な人は良いと思います。

アクセーヌの化粧水はこんな人におすすめ

アトピー肌や脂漏性皮膚炎、敏感肌など刺激を避けたい人におすすめです。この点については口コミでもほとんどの人が言っていましたね。一方で「ほとんど水なのに高い」という価格に対しての厳しい指摘も目立ちました。中には自作した化粧水に切り替えた人もいます。化粧水を自作するのが面倒という人は買ってみても良いかと思います。

お値段はこちら!
120mlで3,500円(税抜)です。ドラッグストアまたは公式通販サイトでも購入できます。

>>アクセーヌ公式サイト 商品ページはこちら

化粧水ランキング